日本キリスト教団 田園調布協会附属 田園調布幼稚園

教育方針

image

田園調布幼稚園の教育方針

田園調布幼稚園は、キリスト教を土台にして、学校教育法に 従って就学前の幼児教育を行っています。子どもたち一人ひ とりは、神の御守りの中であるがままに受けいれられているこ とに気づき、かけがえのない今をいかされていることを感じ 取っていきます。

◆神と人に愛されていることを知り、感謝と喜びをもって生きる。
◆自分の力で考え、自分の心を動かして研究し、自分で判断し、想像力や創造性を育てる。
そのような中で、遊びをとおして、思考する力・行動する力・社 会性・判断力などあらゆる能力を身につけてゆくことができる

田園調布幼稚園のキリスト教保育

◆神と人に愛されていることを知り、感謝と喜びをもって生きる。

◆自分の力で考え、自分の心を動かして研究し、自分で判断し、想像力や創造性を育てる。

◆友だちや他の人々との違いを認め、ともに育ちあう経験をする。

◆人間の関係をこわすさまざまな悪に気づき、それに対して抵抗し、平和をつくる努力をする。

◆自然や世界のことに関心を持ち、自分たちのできることを考え、行うようにする。

保育者の姿勢

◆キリスト教信仰に立ち、神より託されている子どもとして尊ぶ。
(一人ひとりの発達を充分に配慮し、そ れぞれの発達のペースに従って生活の内容を展開する)。

◆遊びの生活を中心にして保育をする。

◆子どもの生活は本来総合的に経験されるものであることを大切にする。

◆生活の内容は「育つこと、育てること」という思いのもとに環境をととのえて実現していく。

ページ先頭へ戻る
Copyright © denencyofu-kindergarten.ed.jp. All Rights Reserved.