日本キリスト教団 田園調布協会附属 田園調布幼稚園

  • HOME
  • 保護者の言葉・母の会

保護者の言葉・母の会

娘の幸せな幼稚園生活 R.C様

3年前の今頃・・・田園調布幼稚園に強く惹かれて入園を希望したものの、入園できるだろうかと気を揉んだ事を懐かしく思い出します。未就園児の「ちいさい広場」に通わせていただき、園の温かい雰囲気にすっかり魅了され、娘の幼稚園生活をぜひここで!と決意しました。
好奇心旺盛な娘は入園早々、自分たち年少の部屋と年中年長の部屋のある2階を行き来し、砂場で泥だらけになって遊び、園庭に穴を掘ったり虫を捕まえたり、毎日遊びに大忙しで、帰りには先生が「やりたいことが多すぎて時間が足りなかったね。続きは明日やろうね。」と娘に声を掛けてくださっていました。自由遊びの中で、学年を越えてお兄さんお姉さんたちと一緒に遊んだり、遊びを限定しないようなおもちゃで自分だけの遊び方を考えたり、小さな園庭の中でお友だちと工夫・協力して遊びを作り出す姿を見て、子どもの想像力の豊かさと行動力の凄さに驚き感心しました。
先生方は子どもたちのやりたいことに向き合ってくださり、それが少々危なくても、失敗するとわかっていても、時間が掛かっても経験させてくださいます。子どもたちの自主性を見守りその力を表現できる環境を整えてくださっています。普段家庭では効率を求め、なかなかそうさせてあげられないのが現状、子どものペースに寄り添ってくださる園の方針に感謝の気持ちでいっぱいです。
子どもたちはそんな先生方の温かい眼差しを受け、心温まる行事を数々経験し、成長していきます。初めて行事に参加する年少の子どもたちの不安気な表情は、学年が上がる度、自信に満ちた表情となり、いつしか下の学年の子どもたち憧れのお兄さんお姉さんとなります。小さい子どもたちは、かつてお兄さんお姉さんたちに自分たちがしてもらい嬉しかったこと、憧れていたことを、自分が上になった時に誰に教わるでもなく自然にできるようになります。普段から学年を越えた活動をしている田園調布幼稚園の子どもたちには、こういった事が自然に身に付くのだと思います。こうやって人は大きく成長するのだと実感する瞬間です。
人間の基礎を育てる大切なこの時期に、田園調布幼稚園で園生活を送ることができるご縁を頂いたことに、心から感謝しています。

あたたかな幼稚園に通える喜び N.O様

3歳年上の姉がいる息子。
幼稚園を決める時期になった10月、「僕は僕の幼稚園に行く!!」と言い出しました。
ねえねちゃんの幼稚園には行かない!と。
彼が僕の幼稚園と言っていたのが田園調布幼稚園でした。
魅力的な幼稚園、甥姪が通っていたので私も存じておりましたが、すでに勝手がわかってお友だちも居る幼稚園の方が良いと思っていましたが、息子の意思は強く夫婦で話し、そして田園調布幼稚園を希望しました。無事に4月から通えることになり、今は年長となりました。
あそびを中心とする中でどのように成長して行くのか不安がありましたが、毎日笑顔で元気に通う姿、今日は何しようかなぁと楽しそうに話しをしてくれると安心します。
先生方の保育は子どもたちの想いを聞いて下さりそこからどうしたいか発展させてくれます。
行事一つひとつも温かく優しい気持ちになれます。
園庭にある小さな畑を耕したり、苗や種を植えて実った野菜を調理をします。幼稚園のお野菜は美味しいと。幼稚園の梅ジュースなら飲める!
生き物のお世話も懸命にやり、そこには私の知らない息子の姿がありました。
日々成長していく中でも、うまくいかない時、先生は息子に優しく諭してくれます。私自身がどうしたら良いものか悩み先生からアドバイスをいただけると、心が楽になり救われます。
先生もお友だちも大好き!!
まだ、2歳児だった息子が「ぜったーいに行きたい」と言った幼稚園はとても素晴らしく温かい!
貴重な幼少期をこちらで過ごせることに感謝し卒園までのあとわずかの時間を大切にして過ごしていきたいです。

田園調布幼稚園に入園すると K.T様

今春卒園した長男の幼稚園選びの際、見学で園児が生き生きと遊ぶ姿を拝見し、息子が「ここに通いたい!」と言ったのが田園調布幼稚園との出会いでした。
とはいえ入園後、なかなか母から離れられない日々が続きました。そんな息子を先生方は、「少しずつ、自分のペースでいいのよ。」と幼稚園生活に慣れるのを見守ってくださいました。
ある雨の日、登園した息子を玄関で迎えてくださった先生がタオルで息子を拭きながら、「こんなに濡れるまで雨の中、一生懸命歩いてきたんだね。えらかったね。」とおっしゃり、先生方の温かさを感じました。
現在お世話になっている長女も、毎日目を輝かせながら幼稚園でのことを話し、充実した時間を過ごしているのだな、と感じます。
この幼稚園では登園時、門で園長先生や主任の先生が出迎えて下さいます。朝の支度を終えると自分でやりたい遊びを見つけ、自由に遊びます。廃材を使った作るコーナーや、おうちごっこ、木登り、砂場遊びなど、異学年とも交流しながら遊びを発展させていきます。
先生方はその様子を温かく見守り、必要な時には手を差し伸べてくださいます。
昔ながらの手遊び、歌に触れる機会もあり、園庭で育てる四季折々の野菜を使った料理を皆で作ることもあります。
降園時にはその日あったことや子どもたちの様子を先生から全体にお話ししてくださいます。
また、適宜その子の様子や葛藤、成長などや家庭での対応に繋げていくことをアドバイスしていただくこともあります。 
一人ひとりが大事にされているこの生活を大切にしながら、残りの園生活も先生方のご協力を得て、親子で成長しながら過ごしていきたいと考えております。

子どもの気持ちを尊重し、見守ってくださる幼稚園 S.N様

5年前に引っ越しが決まり、このエリアでの幼稚園を探していた時、ご近所の方にご紹介いただいたのが、田園調布幼稚園でした。
他の幼稚園の見学、説明会にも足を運び検討していたのですが、こちらの説明会での「生きる根っこを育てる」というお話に感銘を受け、迷わずこちらへの入園を希望いたしました。
この園の良いところは、子ども自身が自分のやりたいことを自分で考えて行うことが出来るところと、先生方が一人ひとりの個性をよく理解して下さり、温かく見守ってくれているところです。
長女は楽しいことが大好きで、普段は明るい性格なのですが、人前で何かをする時やみんなで一緒に一つのことを取り組むことが苦手な一面がありました。
遠足などみんなで楽しむゲームの時間になると、やりたくないとその場を離れて一人だけ座って見ていたり、親としては不安になる場面も多々ありました。
そんな時でも先生方は強制することはなく、子どもの想いに寄り添って見守って下さいます。
そんな長女も小学1年生となり、運動会では大勢の人の前で楽しそうに踊ったり、走ったりする姿が見られました。
今は長男がお世話になっておりますが、二人ともとにかく幼稚園が大好きです。
いつも温かく見守って下さり、大切に育てて下さる先生方に感謝いたします。

子どものあるがままを大切に M.K様

田園調布幼稚園は、子どもたち一人ひとりのあるがままを大切にして下さり、日常の日々を丁寧に送ることのできる温かい幼稚園です。
園庭では、色々な野菜を育てています。子どもたちは水やりをし、やがて実ると収穫して、どんなお料理を作りたいか子どもたちのアイディアを聞いて下さって皆で料理したり、梅の実で梅ジュースを作ったり、ぶどうが実ったら食べたり…と小さな園庭でも自然の広がりが感じられます。
日々の遊びでは作るコーナーや色水遊び、行事でも子どもたちの手作りしたものが登場したりと、子どもたちが自分で感じ創造していく機会に恵まれています。
子どもたちの気持ちを大事にして下さる先生方に見守られて、お友だちと伸び伸びと楽しそうに園生活を送る子どもの様子をとても嬉しく思います。
田園調布幼稚園で充実した3年間を過ごさせていただいていることに心より感謝いたします。

田園調布幼稚園に入園して A.M様

“幼稚園選び”正直今の幼稚園の主流ではないこの幼稚園の保育方針、惹かれつつも先
々のことを考えると良いのだろうか?もっと色々あったほうが良いのでは?と悩み考えました。
しかし娘が毎日幼稚園で本当に楽しく過ごし、降園後お友だちとただの広場から色々遊びを見つけ、揉め事が起きても子どもたち同士で話し合い解決している姿にこちらの幼稚園を選択して本当に良かったと思います。子どもたちにとって何も特別なものはいらないんだ!自ら考え生み出していく姿に子ども本来のちからを存分に使って過ごしている!と感じさせられ頼もしくも思います。
ついつい口出し手出しをしてしまいがちになっている私の子育て。先生方の温かくそして辛抱強く見守り続けてくださる事は娘にとって励ましにもなり第二のおうちのように安心して過ごせているのだな、と思います。
また園児みんなが名前を覚え(年少中長関わらず)、お外で偶然出会ってもお互い名前を呼び合い手を振っている姿はとても嬉しく、更にはお母様方も同様に学年にかかわらず名前を覚えてくださっていることに受け入れてもらえていると感じられ、親子共々とても心地よく園生活を送ることができています。

息子のあるがままを受け入れてくれた幼稚園 E. Y様

現在小学校2年生の長男が3年間お世話になりました。発達に遅れがあることを以前か
ら指摘されており、新しいことや普段と違うことが苦手、4月生まれなのにオムツで入園。
この先どうなることやら、と心配ごとだらけでした。
そんな私に当時の主任の先生が私にかけて下さった言葉は、「どんな子でも3年間ちゃんと見ます。」
小規模な園なので先生方の目が行き届き、オムツ問題には専用のゴミ箱まで用意してくれました。そんな中、息子は少しずつ園生活に慣れていき、入園から1年半程経った頃に急成長を遂げました。その後は何の問題も無くなり、現在の小学校生活には何の支障もありません。ここまで成長できたのは、3年間この幼稚園で、一人ひとりを尊い存在として育ててくれたから、と思っています。
そして勿論、今でも家で「つくるコーナー」を再現し、廃材を使ったものづくりが大好きです。
ページ先頭へ戻る
Copyright © denencyofu-kindergarten.ed.jp. All Rights Reserved.